お見舞いのお花にプリザーブドフラワー
プリザーブドフラワーとは生花にプリザーブド(=保存する)という特殊な加工を施し、生花のみずみずしさや風合いを長期間保つことのできるお花のことをいいます。 プリザーブドフラワーは樹液を抜き取り、花の持つ自然な力で保存料と色素(人体に害のない特殊な液体)を吸い上げて着色しています。人口的な着色とは違う自然な風合いを維持することから「魔法の花」とも呼ばれています。




初めてプリザーブドフラワーを贈られた人は、その感触に驚くかもしれません。触った感じはまるで生花のように柔らかく、見た感じも生花そのものですから、
生花との違いに気付かない場合もあるくらいです。
プリザーブドフラワーは水やりなどの毎日のお手入れが必要なく気軽に飾って楽しめるので、相手に気を遣わせないサプライズギフトとしても最適です。
笑顔のお守りに枯れないお花: 「病気のときに会いに来てくれた」という喜びの気持ちと、「病気のときにすら会いに行けなかった」という後悔の気持ちは、意外と後々まで残るもの。見舞うという行為はとっても大切です。忙しくて会いに行けなくても大丈夫。あなたの気持ちをプリザーブドフラワーに乗せて、少し気弱になっているあの人へ、笑顔のお守りを贈りましょう。 花粉やお手入れの事情から、生花のお見舞い花を心配される総合病院も増えています。不安な方は生花ではなく土は使ってないことなどを、送られる病院の方に問い合わせて下さい。 「元気が出る」明るい色として、黄色やオレンジなどのビタミンカラーのお花。「心を和ませる」やさしい感じの色合いとして、ピンクなどのパステル系のお花が最適です。レッド系のお花は「血」を連想させることから気にされる方もいらっしゃいます。
表示切替: 並び順:
13件中1件~13件を表示
13件中1件~13件を表示

ページトップへ