バレンタインのプリザーブドフラワー
プリザーブドフラワーとは生花にプリザーブド(=保存する)という特殊な加工を施し、生花のみずみずしさや風合いを長期間保つことのできるお花のことをいいます。 プリザーブドフラワーは樹液を抜き取り、花の持つ自然な力で保存料と色素(人体に害のない特殊な液体)を吸い上げて着色しています。人口的な着色とは違う自然な風合いを維持することから「魔法の花」とも呼ばれています。




初めてプリザーブドフラワーを贈られた人は、その感触に驚くかもしれません。触った感じはまるで生花のように柔らかく、見た感じも生花そのものですから、
生花との違いに気付かない場合もあるくらいです。
プリザーブドフラワーは水やりなどの毎日のお手入れが必要なく気軽に飾って楽しめるので、相手に気を遣わせないサプライズギフトとしても最適です。
バレンタインの由来は?: 覚悟を決めて、大事な想いを伝える日。プリザーブドフラワーで、恋が叶うおまじない。バレンタインの歴史は、ローマ帝国の時代までさかのぼります。当時「若者らが戦争へ行かないのは伴侶と別れる悲しみが嫌だからだ」と考え、ローマ皇帝は結婚を禁止しました。そのうち隠れて結婚式を挙げるカップルが現れ始め、その手助けをしたある男性がいました。その名は、Valentineバレンタインはのちに処刑されてしまいますが、時を経て現在のような「愛の告白の日」になったのはこの由来だと伝えられています。

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ