コンテンツ

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーとは

「永遠に咲く魔法の花」

フレッシュな生花にプリザーブド加工という特殊な加工を施し、生花のみずみずしさや風合いを長期間保つことの出来るお花のことをいいます。プリザーブドフラワーは樹液を抜き取り、花のもつ自然なちからで保存料と色素(人体に害のない特殊な液体)を吸い上げて着色しています。人口的な着色とは違う自然な風合いを維持することから「永遠に咲く魔法の花」とも呼ばれています。

「触った感じはとってもソフト」

はじめてプリザーブドフラワーを見る人は、触った感じはまるで生花のように柔らかく、見た感じも生花そのものですから、生花との違いに気づかないかもしれません。

「魅惑のブルーローズ」

プリザーブドフラワーの花の色は色素を使用しているので、とってもいろいろな色合いがあります。生花にはないブルーのバラを使ったブーケやアレンジをつくることができます。

「お水はいりません」

プリザーブドフラワーは、水やりなどの毎日のお手入れが必要なく、気軽にどこへでも飾れるのでギフトやディスプレイなどにも最適です。

プロザーブドフラワーの歴史     

プリザーブドフラワーの特徴と種類 

プリザーブドフラワーの市場

プリザーブドフラワーの取り扱い方法

ページトップへ