コンテンツ

プリザーブドフラワーの市場について

プリザーブドフラワーの日本での市場とコストパフォーマンス

「日本での市場」

プリザーブドフラワーは生花に比べて高価な花ですが、日本における市場の発展は目覚ましいものがあります。
アレンジの幅が広がらず再び安価な生花に回帰しつつある欧州とは対照的に、生花そのものも高価である事、住居スペースが限られている事、アレンジメント技術の水準が高い事などを主な要因として、プリザーブドフラワーの文化はここ日本において急成長を遂げました。
もともとフランスで発祥した文化に日本の高度なアレンジ技術や加工技術が介入し、プリザーブドフラワーが日本に上陸してから約15年の月日を経て、今やその文化を中国をはじめとしたアジア全域に輸出するまでに至ります。

「コストパフォーマンス」

商業的空間においてその空間デザインには、花や植物は不可欠な存在となります。しかし、生きている花や植物はその管理コスト、ましてや切花の場合はさらに多くのコストを毎月支出することとなります。しかし、プリザーブドフラワーは一個一個が高価な商材ですが、生の草花のコストを一定期間で比較すると花の持ち期間やメンテナンスコストを考えると極めてローコストになります。

プリザーブドフラワーギフト

ページトップへ